【Pandasで簡単表示】.agg()でデータを集計する。最小値・最大値・平均値・中央値・標準偏差。

Pandasのデータをさまざまなかたちで集計する関数が.agg()です。

groupby()で、グループを指定します。

'A'では、1,2,3,5が複数存在し、4は1つしか存在していないところに注目してください。groupby()メソッドを'A'に適用した時、'A'における「かぶり」が除外されます。その様子をあとでお見せするために、あえて「かぶり」を存在させています。

'C'では、np.random.randn()という関数を用いています。randn()はガウス分布でランダムな数値を出力してくれます。



Aが1,2,3,4,5にグループ化されたことがわかります。

たとえば、Aが1の時、Bにおける最小値は1<2なので1。Cにおける最小値は-1.956468<-1.569548なので-1.956468のほうが表示されます。最小値は'min'と指定し、.agg('min')という書き方をしています。


このように、表示したい数値を複数指定することができます。



こちらの例では、Aでグルーピングして、Cの値を集計しています。.C.agg()となっており、Bが集計されていないことがわかります。
'min':最小値
'max':最大値
'mean':平均値
'median':中央値
'std':標準偏差



Aでグルーピングして、Bでは最小値と最大値、Cでは合計が見たい場合このように指定できます。

無料体験レッスン実施中

こちらも:Pythonでサービスを運用するならこのサーバー


約8,000名の受講生と80社以上の導入実績
プログラミングやWebデザインのオンラインマンツーマンレッスンCodecamp
<Codecampの特徴>
1 現役エンジニアによる指導
2オンラインでのマンツーマン形式の講義
3大手企業にも導入されている実践的なカリキュラム
★★無料体験レッスン実施中です。★★
こちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする