【Python3】pprint()を使ってきれいに表示しよう

対話型インタープリタではよくprint()を使います。

非常に便利でかなり使えるのですが、
print()とは別でpprint()というものがあるので紹介します。

pprint()のほうがきれいに表示してくれます!

pprint()は読みやすくするために各要素の位置をうまいこと調整してくれます
importをするのがめんどくさいとも言えますが、
対話型インタープリタでいろんな出力をたくさんしなければならない時などは、pprint()にしておくと気持ちがいいです。

ぜひチャンスを見つけて使ってみて下さい。

無料体験レッスン実施中

こちらも:Pythonでサービスを運用するならこのサーバー


約8,000名の受講生と80社以上の導入実績
プログラミングやWebデザインのオンラインマンツーマンレッスンCodecamp
<Codecampの特徴>
1 現役エンジニアによる指導
2オンラインでのマンツーマン形式の講義
3大手企業にも導入されている実践的なカリキュラム
★★無料体験レッスン実施中です。★★
こちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする