Numpyの基本操作,PythonのArray処理

特に書いていない場合でも、
import numpy as np
あるいは
from numpy import *
を書いているものとしてください。

参考:Numpyクイックチュートリアル
https://docs.scipy.org/doc/numpy-dev/user/quickstart.html

配列(Array)の作成:array()

階数(配列の次元数)を返す:ndim属性

配列(Array)の値の総数:size

各階の値の数:shape

配列(Array)の作成:arange()

配列(Array)の作成:zeros(),ones(),random(),empty()

すべての値がゼロの配列をつくるzeros()

引数でタプルを渡す。どんな配列をつくるか指定。

すべての値がイチの配列をつくるones()

zeros()ones()は同じ値で初期化する。

0.0から1.0までのランダムな値で配列を作成するrandom()

初期化不要で特定の値で配列を作成するempty()

配列(Array)の形状を変える:reshape()

配列(Array)の要素を取得

スライスで切り出し

配列(Array)のコピーcopy()と参照

配列(Array)の数学演算

配列(Array)の四則演算

平均を返すmean(),足した合計を出すsum()

最大を返すmaximum(),最小を返すminimum()

ソートするsort(),重複のないユニークな要素を返すunique()

dot()で配列のドット積を計算

平方根のsqrt(),ネイピア数の累乗のexp()

無料体験レッスン実施中

こちらも:Pythonでサービスを運用するならこのサーバー


約8,000名の受講生と80社以上の導入実績
プログラミングやWebデザインのオンラインマンツーマンレッスンCodecamp
<Codecampの特徴>
1 現役エンジニアによる指導
2オンラインでのマンツーマン形式の講義
3大手企業にも導入されている実践的なカリキュラム
★★無料体験レッスン実施中です。★★
こちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする