リストのソート。sort()とsorted()の違い,Python3

参考:ソート HOW TO
https://docs.python.jp/3/howto/sorting.html

sort(),sorted()の違い

リストの名前をLとします。

L.sort() → ソートしたリストそのものが変更される。ソートできるのはリストだけ。

sorted(L) → ソートしたリストは変更されない。リストだけでなく他のイテラブルなオブジェクトをソートできる。

sort()の使い方

sort()はPythonの組み込みメソッドです。

リストをソートして、ソートする前のリストが必要ない場合にのみ、sort()が効率的と言えます。

ちなみに、sorted()との混乱を避けるためにsort()をするとNoneが返ります。

sorted()の使い方

sorted()はPythonの組み込み関数です。

sorted(L)を実行するとリストLをソートしたものと同じリストを返しますが、L自体は変更されません。

sorted()はリスト以外のイテラブルなオブジェクトにも使えるので、sort()に比べて使うことが多くなります。

無料体験レッスン実施中

こちらも:Pythonでサービスを運用するならこのサーバー


約8,000名の受講生と80社以上の導入実績
プログラミングやWebデザインのオンラインマンツーマンレッスンCodecamp
<Codecampの特徴>
1 現役エンジニアによる指導
2オンラインでのマンツーマン形式の講義
3大手企業にも導入されている実践的なカリキュラム
★★無料体験レッスン実施中です。★★
こちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする