【Python入門】スマートなpartial()を利用した高階関数の操作,Python3

partial()関数は、functoolsモジュールの一部です。

高階関数といって、関数に影響を及ぼしたり他の関数を返したりするためのものです。
https://docs.python.jp/3/library/functools.html

同じくfuctoolsの一部のreduce()関数を使いながら、partial()関数を見てみましょう。

reduce()関数についてはこちら
【Python入門】reduce()を使いシーケンスの個々の要素に同じ関数を適用する,Python3
zip()関数についてはこちら
【Python入門】zip()を使った複数のシーケンスの反復処理(for文応用),Python3

partial()に関するドキュメントはこちらです
https://docs.python.jp/3/library/functools.html#functools.partial

引用すると、

関数 partial() は、関数の位置引数・キーワード引数の一部を「凍結」した部分適用として使われ、簡素化された引数形式をもった新たなオブジェクトを作り出します。

言葉で定義すると難しくなりますね。
上の例で言うなら、あるベクトルたちを収納したリストがあり、そのリストの要素の和を求めたいと思ったとします。
要素の和自体はvector_addが操作を担当、リストにあるベクトルの和を求めていき(reduce()関数)、結果をまとめる(partial()関数)。
というようなかたちになっています。

vector_addという関数にreduce()関数を適用した結果、新しいオブジェクトを作り出したのがpartial()関数と言えるでしょう。

関数を単位に考えて、関数を扱う関数が使いこなせるようになると、Pythonプログラミングの幅はぐっと広がります。

おまけ:ベクトルリストの要素の平均

上の例ではベクトルのリストの要素の総和を求めました。
要素の平均なら、

vector_sum()によって[18, 22]ができあがり、これは4要素分を足した結果ですよね。
なのでvectorsをlen()して要素数を出していて、その4で割って平均を出しています。

無料体験レッスン実施中

こちらも:Pythonでサービスを運用するならこのサーバー


約8,000名の受講生と80社以上の導入実績
プログラミングやWebデザインのオンラインマンツーマンレッスンCodecamp
<Codecampの特徴>
1 現役エンジニアによる指導
2オンラインでのマンツーマン形式の講義
3大手企業にも導入されている実践的なカリキュラム
★★無料体験レッスン実施中です。★★
こちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする